スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
守ってこそ 
こんにちは!

昨日は神龍(シェンロン)が現れましたね!
・・・じゃなくて、日本46年ぶりの皆既日食。
残念ながら天候には恵まれませんでしたが、昼間なのに真っ暗になったり、思わず息を呑んでしまうほど綺麗なダイヤモンドリングは生でなくともテレビでも充分に引き込まれるものでした。
それにしても、皆既日食と90%以上の日食で暗さにあれ程の差があるということは、太陽のエネルギーは偉大だと改めて思った大林です。

・・・というかお久しぶりです!!
更新は約2週間ぶりです。

昨日は谷本公園で練習(1/4コート)でした。
最初の1時間はアップ&フィジカル、残りの1時間はピッチインです。
フィジカル・実戦ともに、天皇杯県予選・KSLに向け準備をしています。

そして大林自身、チームに合流するのは、なんと全社関東予選2回戦小山田FC戦以来。
滅多にひかない風邪や学校の関係(国家試験受験生なのでいろいろと)で、これでもか!!とタイミングが合わず、思うようにチームに参加できず、周囲に迷惑かけてしまいました。

私自身もサッカー禁断症状がそろそろ限界・・・というところだったので、今日は本当に参加できて嬉しくて嬉しくて更新(大して役にはたっていないが)

6月よりはるかに選手たちの練習中の水分摂取量が比べ物にならない程増えていて、夏を感じました。

しかし、本当にどうしてこんなに現場に出ると元気が出るんだろう?
失敗やうまくできないこと、自己嫌悪や悔しかったりその他もろもろあるけど、やっぱり現場はいいです。
もやもやしていたものがふぅ~っと吹っ飛びます(笑)

2009.1.6のブログ記事でも似たようなことを書きましたが、やっぱり私がサッカーが生きがいで、選手たちやスタッフも同じで、つまりみんなサッカーが好きだから!だと思います。

◆◇◆

【仲間】というものは不思議だと思います。
家族でもない。
友達でもない。
恋人でもない。
だけど、大切な時間を共にし、かけがえのないものを分かち合える。

(2009.1.6ブログ記事より)

◆◇◆

いや~、自分で書いたんですがくっさい台詞ですね(笑)
こっ恥ずかしいです、はい(笑)
だけど、現場に出るだけで元気が出る自分がいるのは紛れもない事実な訳です。

若干来なかった2週間強でチームの雰囲気がちょっと変わったりもしていましたが、このチームでこの夏を乗り切っていきたいです。
そして初冬にはみんなで笑っていたいですね。

さて、いよいよ今週末から天皇杯神奈川県予選が始まります。
今回は天皇杯神奈川県予選紹介をしようと思います。


さて、お正月といえば?
人それぞれにあると思いますが、やはり大林にとっては【天皇杯決勝戦】&【高校サッカー選手権】です。

【天皇杯全日本サッカー選手権大会】はJ1-18チーム、J2-18チーム、JFL前期上位4チーム(SAGAWA SHIGA FC、ガイナーレ鳥取、横河武蔵野FC、ジェフリザーブズ)、大学1チーム(第33回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント優勝チーム)、都道府県代表47チーム総勢82チームが日本の頂点を目指し、トーナメントで闘います。
そして1月1日元日、その頂点を決める決勝戦が行われるのです。
ちなみに前回の大会参加クラブは5948チームでした。
前回はガンバ大阪が見事に日本一を制し、ロイヤルボックスで天皇杯を掲げていたのは記憶に新しいかと思います。


その【第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会】の【神奈川県予選】が行われております。
現在1次トーナメントが終わり、先週決勝トーナメントの1回戦が終わったところです。
Y.S.C.C.は1回戦シードで、準々決勝からの登場となります。

準々決勝の相手はSC相模原と桐蔭横浜大学ということでしたが、7/18に試合が行われ、桐蔭横浜大学がSC相模原を下し、桐蔭横浜大学に決定しました。

ほとんどの方がご存知かと思いますが、昨年の第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会神奈川県予選。
Y.S.C.C.は神奈川県予選を制し、神奈川県の頂点に立ち(神奈川県出場チーム数:1種189、2種230、合計419チーム)、天皇杯本戦に出場しました。
1回戦で、現Y.S.C.C.選手である中村竜也選手、鈴鹿源太郎選手の母校の流通経済大学に負けてしまいましたが。


土屋選手のスルーパスから福井選手→志田選手2ゴール
2008シーズンチーム内ベストゴール賞に圧倒的票数を集め輝いた、MF 10 石川健太選手の50m超ロングシュート
東海大学の猛攻に必死で耐え、粘り、3-2とリードを守りきり社会人サッカーの意地を見た想いでした。
特に、昨シーズンは兼選手だった三宅監督が交代ピッチインしてすぐの東海大学のコーナーキックは絶妙なクロスとなり、ヘディングシュートがあわやゴールかと凍りついた瞬間、三宅監督のクリアー。
本人も力強いガッツポーズが出るほど、鳥肌もののナイスディフェンスでした。

6年ぶりの天皇杯県予選優勝。
あの時の写真を眺めて見ても、どの選手も(いなくなった選手も多いですが)飛び切りの笑顔をしています。

本当にあの時のY.S.C.C.はキラキラ輝いていました。


・・・と想い出を語るのはこの辺にしておきましょう。
それは過去の自分たち。
既に新たな闘いが始まっているのですから

それを勝ち抜き、再び神奈川県の頂点に立ち、天皇杯の切符を手にした時、Y.S.C.C.の力を認めてもらえるのだと思います。
この夏はY.S.C.C.トップチームの真価が問われる夏になると思います。

応援してくれる人たちのためにも、そして自分たちのためにもこの夏、最後まで走りぬいて行きたいです。


【天皇杯神奈川県予選日程】

準々決勝:2009/7/26 vs桐蔭横浜大学@保土ヶ谷公園サッカー場 14:10K/O
準決勝:2009/8/23 vs横浜F・マリノスユース(U-18枠)と東海大学の勝者@保土ヶ谷公園サッカー場 14:10K/O
決勝:2009/8/30 vs 【神奈川県教員SCと厚木マーカスの勝者】と【東邦チタニウムと神奈川大学の勝者】の勝者@保土ヶ谷公園サッカー場 15:00K/O

詳細は→神奈川県サッカー協会←トップページ下【社会人委員会】をクリック!!


ということで!!

来たる7月26日(日)
【第89回天皇杯全日本サッカー選手権大会神奈川県予選準々決勝】対桐蔭横浜大学戦
→保土ヶ谷公園サッカー場←
14:10キックオフです!!

夏です!
何をしようか迷っている方、サッカー観戦で大きな声出し手いい汗かきましょう!
いつも応援してくださってる方々、Y.S.C.C.と天皇杯への道のりを一緒に歩きましょう!

トップチーム一同お待ちしております!!

【お・ま・け】


4月29日、明海大学との練習試合から1枚。
夕陽に照らされ熱く語り合う辻選手と杉山選手。

辻選手:「サスケ(杉山選手)さん!俺思うんです!!サッカーっていうのはっすね!!・・・・・」
杉山選手:「なるほど!!」

なんて感じに見えますが・・・・・。
会話の内容は某居酒屋チェーン店のデザートメニューがいかに美味いかですから!!(どーん)

疲れた練習試合のリラックスタイムでした!(笑)

大林登志子
スポンサーサイト
 
試合楽しみにしてます! 
YSCC、大ファンです!
皆既日食はわざわざ奄美大島まで行ってしまいましたが、出張を利用して試合、また見に行かせてもらいます!
大阪の会社設立屋さま 
はじめまして。
Y.S.C.C.大ファンとのこと、ありがとうございます。
出張の折には是非試合にいらしてください。
お待ちしております。

秘密にする

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。