スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地域リーグ決勝大会~決勝ラウンド後編~ 
今でもふと甦る
それは断片的な記憶

スタジアムにこだまする歓声だとか
力強いサポーターの応援だとか
選手たちが走る情景
ベンチ選手の必死の声出し
選手たちがピッチに沈む瞬間
頬を刺す冷たい風や
みんなの涙と悔しそうな顔



こんにちは!
最寄のスーパーマル●ツが改装工事のため夏まで閉店してしまい、困っている大林です。
今はちっこいスーパーをはしごしてます。

本日(書いてるうちに0時過ぎてしまったので昨日か)トップチームは、藤沢カップ準決勝(午前中)・決勝(午後)でした。
結果は優勝し、2010シーズン初タイトル!
Y.S.C.C.セカンドも会長杯で2回戦を3-0で勝利し、次勝てば県リーグ2部に昇格です。

藤沢カップについては後日改めてアップします!
写真やエピソード満載なのでご覧いただければ幸いです。

さて、【地域リーグ決勝大会~決勝ラウンド後編~】です。
地域リーグ決勝大会完結編となります。



参考:
【地域リーグ決勝大会~1次ラウンド編~】→コチラ←
【地域リーグ決勝大会~決勝ラウンド前編~】→コチラ←
地域リーグ決勝大会決勝ラウンド速報~        

**地域リーグ決勝大会決勝ラウンド**

総合球技場アルウィン
NPO横浜スポーツ&カルチャークラブ(関東1/神奈川)
日立栃木ウーヴァスポーツクラブ(関東2/栃木)試合結果は→コチラ←
松本山雅フットボールクラブ(社会人/1位)試合結果は→コチラ←
ツエーゲン金沢(社会人/2位)試合結果は→コチラ←

※ 90分(45分ハーフ)→PK戦
※ 90分以内勝ち→3、PK戦勝ち→2、PK戦負け→1、90分以内負け→0
※ リーグ戦2位まで→JFL自動昇格、3位→FC刈谷と入れ替え戦


**2009/12/5(土)2日目 vs 松本山雅**

朝、池田トレーナーとワールドカップの組み合わせについて話していたら、朝風呂に起きてきた谷津選手
池田トレーナーを見て「おう、池ちゃーん!!」と手をあげます。
しかし大林が「おはよう!」というと、谷津選手「・・・うす。」と。
この態度の違いはなんだー!!
さすがの池田トレーナーも「男同士との違いですよ」と苦笑していました(笑)

福井選手は明るく挨拶してくれました。
寝癖がかわいかったです(笑)

朝食を終えて出発です。
前回も書いた黒猫ちゃん。
触ろうとしたらまた逃げられたので、悔しくて「ねこー!!」と負けじと追いかけましたがうまくまかれてしまいました・・・。

そして再びアルウィンへ。

選手・スタッフ共に対山雅戦に向けて準備をします。
今日は雨の予報なので、メンバー外の選手は先にトレーニングへ。

そして今日のモチベーションビデオ(加藤トレーナー作)は・・・。
サポーター、地域リーグ決勝大会メンバー外で遠征に来ていない選手、そして選手の家族・彼女さんからのY.S.C.C.への応援メッセージでした。
サポーターやメンバー外選手からは強い願いが伝わってきて、背負ってるものを再確認しました。
家族や彼女さんからは、Y.S.C.C.への応援はもちろん、当該選手への想いがあるからこそであり、本当に選手は周囲の方々に支えられてサッカーができているんだと感じました。

選手たちは鼻ぐすぐすで、気持ちを奮い立たせてアップ会場へ向かいました。


yscc2010-12-3-15.jpg
アルウィンにメンバー外の森戸選手鈴木直人選手登場!!
バスツアーでこの松本まで来てくれました!
そしてスタンドにはサポーター&応援団が!!


yscc2010-12-3-16.jpg
コーチ陣の想いのつまった有難い言葉。

佐藤潤さんと田中健太郎さんの【Victory】と力強い円陣で選手たち出陣です!


選手入場の動画です。
再生ボタンを押してご覧ください。

選手たちがアルウィンのピッチに再び舞い降ります。
昨日よりパワーアップしたY.S.C.C.チャント。
「子供の数なら負けてねえ!」


yscc2010-12-3-17.jpg
試合中。


yscc2010-12-3-18.jpg
ゼリーを差し入れにいただきました。
エネルギー用とリカバリー用があり、ハーフタイムと試合後に出せて助かりました!
ありがとうございます!!


yscc2010-12-3-19.jpg
今日は寒いため、ドリンクは水&スポーツドリンクの他に温かいお茶と紅茶も用意しました。


++++++++++
後半の立ち上がりに先制され、それが決勝点となり0-1で2試合目を終えました。
2敗となり、勝ち点は0。
終了のホイッスルと同時に選手たちは肩を落とし涙を流します。
平田選手や、昨日の試合直後悔し涙を流していた谷津選手が中心となり、「まだわかんねーぞ!!」と選手たちの背中を叩き、必死の足取りでサポーターの元へ向かいます。

1勝をあげた松本山雅に対する大々的なヒーローインタビュー横目にピッチ周りのボトルを回収し、片付けを始めます。

そう、平田選手や谷津選手の言うとおりまだ終わったわけではありません。
次の日立栃木UVASC対ツエーゲン金沢の試合の結果次第ではまだ3位の望みが消えていない!
3位になればJFLのFC刈谷と入れ替え戦となります。

福井選手がつぶやきました。
「年末までサッカーやりてえな。」
入れ替え戦に食い込みまだみんなと共にサッカーがしたい!!
そしてJFLに昇格して2009シーズンを終えたい!!

お弁当片手に雨が降り始めるのも構わず選手たちはUVA対ツエーゲンの試合を真剣に見守ります。

同じリーグのライバルの日立栃木UVA。
でも今はUVAの点数が入るたびにY.S.C.C.の選手も歓声を上げ、UVAのメンバー外選手とハイタッチを交わします。
++++++++++++++++++


yscc2010-12-3-21.jpg
そして・・・。
3-0でUVAの勝利。
と同時にUVAのJFL昇格が確定しました。

ライバルの昇格確定の瞬間。

それは一番悔しい瞬間のはずなのに、この結果がY.S.C.C.の希望の光をつなぎとめました。
皮肉なものです。
しかし、どんなものであってもY.S.C.C.が目指す舞台に上るために前進するのみ。

選手たちはUVAの選手に拍手と共に祝福の言葉を言い、UVAの選手も激励の言葉をくれました。
これで、明日のツエーゲン戦、Y.S.C.C.が90分以内に勝利すれば3位となり入れ替え戦となります。


yscc2010-12-3-20.jpg
大林のIDカード。
水仕事をしてるため大会二日目にしてボロボロです。
それでも進みます。
運命の明日へと・・・。

+++++++++++++
加藤トレーナーから秘密の連絡事項。
運命の日、明日の12月6日は我らが鈴木ディレクターのお誕生日です。
そのお祝いを今日の夕食後にサプライズでやる!!
鈴木ディレクター以外全ての選手・スタッフでの企画です。


宿舎に帰った後、大林に重大ミッションが!!
それは暗闇の中バースディケーキ持って登場し、鈴木ディレクターのところまで運ぶというもの。
もう周知の事実かと思いますが、大林はそそっかしいです。
つまづいてケーキがぐしゃ・・・なんてことにならないか心配で心配で(しゃれにならん!)
+++++++++++++


yscc2010-12-3-22.jpg
そんなこんなで夕食も終わろうかという時、さりげなく席を立ち、加藤トレーナーの部屋に用意してあるケーキに池田トレーナーとろうそくに火をつけます。


yscc2010-12-3-23.jpg
これがそのケーキです!
食堂では加藤トレーナーのサプライズムービーが流れています。
それが終わった後、池田トレーナーの合図で食堂へ。
転ばないように、ろうそくの火が消えないように気をつけて気をつけて暗闇を進み、無事鈴木ディレクターのもとにケーキを運びました!!



選手&スタッフみんなでハッピーバースディを歌う動画。
再生ボタンを押してご覧ください。


yscc2010-12-3-24.jpg
みんなで拍手。
ん?
鈴木ディレクターうるうるしてる??
サプライズ作戦大成功です!!


++++++++++
鈴木ディレクターから挨拶がありました。
仲間の大切さ、ありがたさ。
そのために夢に向かってがんばることの大切さ。
サッカーで結ばれる絆、サッカーで返す恩。
++++++++++


yscc2010-12-3-25.jpg
ケーキと一緒に記念撮影。
すかさず平田選手「BB(注)だ!」と。

注:【BB】平田語 (意)バヤシブログ(スタッフブログ)に更新されること。「この写真BBあるよ!」


yscc2010-12-3-26.jpg
注文していたトップチーム限定ストラップが手元に!
実行委員の吉田さん作成です。
早速携帯につけました。
注:サッカーボールは別です。

+++++++++++++
食後はミーティングまで自由時間です。
秋山理事、吉田実行委員と買出しにスーパーとビブス等の洗濯にコインランドリーに行ったのですが・・・。
最新式のコインランドリーの使い方がわからず、必死で説明を読む二人の40代男性に思わず噴き出してしまいました(笑)

ミーティング時はやはりみかん。
みかん箱を抱え「みかんどこに置こうかな~」と歩いてたら、鈴木晋也選手の目力に負け、鈴木晋也選手の前にみかん箱を置きました。
そして選手たちは晋也選手に目力で訴えみかんを投げてもらっていました(笑)

最終夜のミーティングも充実したものとなりました。

ミーティング後は本日の山雅戦のテレビ放送をみんなで観ました。
明らかに山雅よりの解説&実況でしたが(地元だから当たり前?)、こうしてテレビを通して見るとみんなカッコよく見えます(笑)

バースデーケーキは秋山理事の必死のとりわけで数人の選手と鈴木ディレクターで平らげました。
大林も食べればよかった(今更!?)

それからケア等一仕事して長い1日が終わりました。
+++++++++++++++


**2009/12/6(日)3日目vs ツエーゲン金沢**

いよいよ地域リーグ決勝大会決勝ラウンド最終日。
入れ替え戦の切符を手に入れられるかが決まります。

チェックアウトのために片づけた部屋を見渡します。
大袈裟だと思われるかもしれませんが、Y.S.C.C.に出逢えたことが私の30年の人生の中で一番幸せなことだと思います。
この舞台でこのチームでサッカーに関われることを大事に、そして楽しもうと静かに思って部屋を出ました。


今日は最終日なので、全員の遠征道具一式も車に詰め込み、各車パンパンでアルウィンへ!!

鈴木晋也選手が「大林さん勝つよ!」と言ったので、大林も「勝つよ!」晋也選手「大林さん勝つよ!」大林「勝つよ!」・・・しばらく続きます。
その言葉にどんな想いが込められているか想像するしかできませんが、きっと様々な想いがあると思います。
それはきっとどの選手もスタッフも同じだと思います。

「勝つよ!!」


yscc2010-12-3-27.jpg
ミーティング時、三宅監督が珍しく胸のうちを語ってくれました。
「普段言わないけど、俺はサッカーが好きだし、このチームも居心地がいい。このチームで1日でも長く試合したい。」

そして、手術を控えて入れ替え戦に出場できない金子選手からも勝利への想いの言葉が伝えられます。


yscc2010-12-3-28.jpg
ベテラン3選手の左から石川王子陽平キャプテン土屋選手
決戦を前に想うことは・・・・。


+++++++++++++
みんなで観た最終日のモチベーションビデオ(加藤トレーナー作)。
それはY.S.C.C.掲示板に寄せられた応援メッセージや選手の家族や彼女さんからのメッセージ。

背水の陣の我々にとって一番のエネルギー!!

本当に何度もしつこいかもしれませんが、選手たちは周りに心から支えられ応援してもらってサッカーをしているんだということがこの大会で痛いほどわかりました。
身体を酷使し、安定した職に就くことも難しい中で大林はここまで周りに理解を得てみんながサッカーしていると正直思っていませんでした。
ですが、思い切り好きなサッカーを、夢を追いかけることを理解し、支えて、応援してくれてるんだとわかりました。
++++++++++++


yscc2010-12-3-29.jpg
駆けつけてくれた鈴木直人選手森戸選手もメンバーと共にアップへ向かいます。

++++++++++++++
今日はピッチ周りのボトル全てを祈りを込めて置きました。
「90分以内の勝利を・・・!」
++++++++++++++


yscc2010-12-3-30.jpg
バスツアー応援団到着です!


yscc2010-12-3-31.jpg
ジュニアユースの選手たち。
そのたくさんの笑顔が選手たちに力を与えてくれます!


yscc2010-12-3-32.jpg
ロッカールームの入り口。


yscc2010-12-3-33.jpg
事情でチームを離れた渡部選手もはるばる松本に応援に駆けつけてくれました!!


yscc2010-12-3-34.jpg
アップから戻り、最終確認です。
浜村選手の強い瞳がこの試合への想いを表しています。


yscc2010-12-3-35.jpg
いつも助けられてきた佐藤潤さん&田中健太郎さんの【Victory】。
最終日もみんなで歌って円陣、そしてみんなで握手を交わし出陣!!
握手を握るその手の力が日に日に強くなっているように感じます。


yscc2010-12-3-36.jpg
水色軍団に松田選手の母校の上田西高校(長野県)のサッカー部の選手たちが加わってくれました!
後輩の目の前で松田選手の先制点!!

yscc2010-12-3-37.jpg
声援がこころの芯にじんじん響くくらいすごいです。
メインスタンドやバックスタンドも沸いて歓声がこだまします。

1点のリードとは言え、同点では入れ替え戦の切符は手に入れられないので勝っている気がしません。
ロングスローとセットプレイの繰り返し。
その度にヒヤリとします。
追加点を・・・。
祈り続けます。

メンバー外の選手も負傷交代の谷津選手も声が枯れるほどの声で鼓舞します。

そして・・・。
87分。
あと2分強のところで相手にPKを与えてしまい、得点になり同点に。

このまま試合が終われば同点でPK戦。
イコール今シーズンのJFL昇格は途絶える。

大林はPK戦の準備のため、選手の着るベンチコートとボトルをベンチに運びます(PK戦の前は選手はピッチから出れない)。
「まだ勝負は決まってないのにPK戦の準備なんかして・・・。」と思われるかもしれません。
しかし、この時間帯で同点でPK戦の可能性があるなら準備しなくてはいけません。
終了のホイッスルが鳴ってから準備したら遅いんです。

終了間際の追加点をこころから信じてPK戦の準備をしました。

そして追加点のないまま終了のホイッスル・・・。
1-1の同点、PK戦となり、Y.S.C.C.の2009シーズンのJFL昇格は途絶えました。

選手たちはそのままピッチに崩れ落ちます。
動けない選手たち。
それを必死で声をかける陽平キャプテンとGKの浜村選手
まだ試合は終わっていません。
これからPK戦を闘わなくてはいけないのです。
その気力がないのはアルウィンにいた誰もがわかっていたと思います。
でも、昇格がなくなったからといって試合を投げ出すことは決して許されません。

なんとか選手たちは立ち上がり、ベンチ前のタッチライン際に戻ってきます。
そして、PK戦へ臨みました。

崩れ落ちたみんなを立ち上がらせた陽平キャプテンは泣いていました。
恐らく他の選手に気付かれないように(その時は)。
辛かったけど、キャプテンとして選手を立たせなくてはいけない。
この舞台に誰より強い気持ちで臨んだ陽平キャプテンの想いが伝わってきます。

なんとか足を踏みしめ、PK戦が進んでいきます。
正直PK戦のことはあまり覚えていません。
ただ、キックの度にアルウィン全体が沸いていたこと、サポーターが「チームがなくなるわけじゃねーぞ!勝って横浜帰ろうぜ!」と叫んでくれていたこと、応援団の歓声がこころに強く残っています。

PK戦12-11でツエーゲン金沢戦勝利。
勝ち点2、リーグ戦4位。
壁は越えられませんでした。

選手たちはみんな号泣してゴール裏の応援団の元へ向かいます。
最後の一礼。
誰が言ったわけでもないのにいつもより長かった。
深く深く頭を下げてなかなか誰も頭を上げませんでした。

ただ、選手もスタッフもみんな最後まで応援してくれた方々に心から感謝していました。
どんな言葉を並べても陳腐なものに思えて気持ちが伝わらない気がしますが・・・。
応援してくださった全ての方、本当にありがとうございます。

ロッカールームに戻り、メンバーもメンバー外もスタッフもみんなで握手を交わしました。
お弁当を食べ、最後の集合。
三宅監督、鈴木ディレクター、松久コーチ、陽平キャプテンから挨拶がありました。
いろんな言葉が出たけど、鈴木ディレクターの言葉で、「29歳のときアキ(秋山理事)がキャプテンで12/6に県リーグから関東リーグにあがる試合で負けた時、みんなで泣いて『このチームを続けていこう』と約束した。この歳になって家族以外にこんな絆を築けるなんてなかなかない。」というものがありました。
そんな風にY.S.C.C.は歴史を刻んできて、これからも刻んでいくんだと思いました。

みんなきっとこの2009シーズンに後悔はしていないし、かけがえのないものを得ることができたと思います。
まだその時は実感がなかったと思いますが・・・。
何より大林自身も2009シーズンが今日で終わりだということに全く実感がありませんでした。
また火曜日から練習して週末は練習試合して・・・。
当たり前に続くような気がしてました。

こんな風にY.S.C.C.の2009シーズンは幕を閉じました。

松本からの帰りの道中、ブログの速報にたくさんのコメントや拍手をいただきました。
まだ足りないものがあったから超えられなかった壁。
でも、「感動した」と人のこころを動かすプレーが出来たことは素晴らしいことだと思います。
もちろん結果も伴わなければいけないので今のままではいけません。
ですが、昇格しても観ている人のこころを動かすことが出来なければまた、それも意味がないと思います。
甘っちょろい考えだと思われるかもしれませんが、大林はそう思います。

とにかく、全てに感謝の想いでうまく言えないのがもどかしいです。

2010シーズンはもっともっと飛躍して、人々を感動させて上に進めるチームになれればと思います。

なんだか書きたいことがありすぎて長くなった割には文章がまとまっておらず読んでくださった方には申し訳ないですが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

~~お・ま・け~~
帰りに立ち寄ったサービスエリアで、「あ~、どうせおみやげ買う人もいないしなあ。」とか思いながら飲み物でも買おうと見ていたら、「大林登志子さんですか?」とご夫婦に声をかけられました。
辻選手のご両親でした!!
ありがとうございます!!

大林登志子
スポンサーサイト
 

秘密にする

..

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。